遺言書について知っておきたいこと

遺言の種類、書き方などを詳しく説明します

遺言の種類と特徴

遺言には普通方式と特別方式によるものがあります。特別方式は、文字通り特別な場合(たとえば遭難している船の中で、死亡の危急に迫ったときなど)に利用されるものなので、ここでは説明を省略させていただきます。また、普通方式のうち、秘密証書遺言はあまり利用されていないため、ここでは特徴のみの説明とさせていただきます。

種類 長所/短所 特徴

自筆証書遺言

長所

  • 遺言の内容、存在を秘密にできる
  • いつでもどこでも簡単に作成できる
  • 費用がほとんどかからない

短所

  • 紛失したり、発見されないことがある
  • 変造偽造される恐れがある。
  • 要件不備による無効、内容のあいまいさによって紛争の恐れがある。
  • 検認の手続きが必要。

公正証書遺言

長所

  • 原本が公証役場で保存され、変造・偽造・紛失の恐れがない。
  • 法律の専門家である公証人を介しているため、安全確実に遺言できる。
  • 検認手続が不要。

短所

  • 費用がかかる。

秘密証書遺言

長所

  • 遺言書の内容の秘密を守れる。
  • 代筆、ワープロで書いたものでよい。

短所

  • 作成に若干の費用と手間がかかる。
  • 検認の手続きが必要。

遺言書の作成の仕方

自筆証書遺言とは、民法で定められている通り、全文を自分で書く遺言のことです

遺言の全文を自筆で書く

代筆やワープロ、パソコンなどで作成したものは無効です。

日付を自筆で書く

日付印を押したものや無記入のものは無効となります。「平成○年○月吉日」という書き方では無効となります。

氏名を自筆で書く

普通は本名を書くのでしょうが、通称名や芸名などでも遺言者が特定できれば有効です。

押印する

実印が望ましいですが、認印でも有効です。しかし役所で印鑑証明を取れる印鑑にしておいたほうがいいでしょう。

わかりやすく、明確に書く

自筆証書遺言は、自分で書くため、書いた本人はよくわかっている内容でも、他の人からは何のことかよくわからない場合もあります。しかし、遺言者本人はなくなっているので確認のしようがありません。せっかく遺言書を残したのに、それが無意味になってしまうことがないように気をつけましょう。

また、遺言で分割の指定をする場合、誰がどの遺産を相続するかについても明確にしておきましょう。この際、不動産は登記簿謄本のとおりに、預貯金は金融機関名、支店、口座、口座番号、名義等を、株式は会社名、株数などを明確にしておきましょう。「誰に」「何を」「どれだけ」相続させるかを書くことが大切です。

その他

  • 様式は決まっておらず、縦書き、横書きどちらでも構いません。用紙にも制限はなく、便せん、原稿用紙などでもかまいません。筆記具も何を使ってもいいのですが、鉛筆など文字を簡単に消すことのできるものは避けましょう。
  • 遺言書を封印するか否かは自由です。しかし封印のあると、勝手に開封ができず、遺言書は家庭裁判所で開封します。なるべく封印をした方が良いでしょう。
  • 遺言書は遺言者の死後に見つけやすく、生前は秘密にしておける場所に保管しておきたいものです。弁護士等の専門家や信用できる第3者に預けるか、銀行の貸金庫にしまっておくとよいでしょう。

訂正がある場合

訂正は民法の定める方式で行います。異なる方式で行うと、内容の訂正が認められなく、遺言が無効になることがあります。一から書き直す方をおすすめいたします。

遺言を取り消したい

遺言は、遺言者の死亡によってはじめて効力が生じます。したがって、本人が生きているうちはいつでも自由に遺言全部または、一部を撤回できます。ただし、撤回は一定の方法でしかできません。    

1.前の遺言に抵触する遺言(撤回の遺言)を書く
前の遺言と矛盾する内容の遺言を書けば、その抵触する部分は、後の遺言で前の遺言は撤回されます。(故に遺言書の日付の記載は重要です)。

2.遺言の内容に抵触するような行為を遺言後にする
後日、別の遺言を書かなくても、前の遺言の内容にあるものを売ったりあげたりしてしまえば、事実上、遺言を撤回したのと同じです。
ただし、抵触しない部分については、前の遺言内容が有効です。

3.遺言者が故意に遺言書を破棄したとき
遺言のうち、破棄された部分のみが撤回されたことになります。公正証書遺言は原本が公証役場にあります。手元の謄本や正本を破棄してだけでは取り消しはできないので注意が必要です。

遺言書の取り消しは、どの遺言の方式でもできます。自筆証書遺言は、自筆証書遺言で取り消さなければならないということはありません。公正証書遺言でも可能ですし、逆に公正証書遺言を自筆証書遺言で取り消すこともできます。

仏壇のことなら

墓石や仏壇の購入はもう済んでいますか?今は終活という言葉も出ているほど、生前から個人の希望で用意する方も増えています。今は唐木仏壇、金仏壇の他にモダン仏壇という洋風なデザインのものも進出してきており、仏間がない家庭や、寝室やリビングに置かれる方に好まれています。特にリビングは人がよく集まる空間なので、シンプルでコンパクトな仏壇の方が周りのインテリアや部屋の雰囲気を邪魔せずにカジュアルに設置することができるのです。サイズが小さくなるにつれて重さも軽くなっていくので、仏壇のお手入れの際の移動なども楽々と済ませることができるメリットもあります。こちらのオンラインショップでは仏具が一式コーディネートされたセットものも販売しているので、数ある仏具から悩まなくても見合ったものが購入できておすすめです。

スタイリング仏壇 http://style-butsudan.com/