ペットに遺産を残す最善策

ペットに遺産を残してあげられるか最善策を説明します

ペットに遺産を残すことはできるのか

海外のメディアが「大金持ちの方がペットに遺産を残した」と報じているのをまれに耳にすることがあります。しかし、日本の法律ではペットは「物」扱いとなるため、残念ながら、ペットに直接遺産を残すことはできません。ただし、相続人や他に信頼できる人がいれば、その人たちにペットの世話をすることを条件に財産を譲ることは可能です。
 
その方法としては主に次の2つが考えられます。

1つめは、信頼できる相続人や知人あるいは動物関連の団体に対し、ペットが死ぬまで面倒を見ることを条件に「飼育の手数料として財産を譲る」という遺言書を残す方法です。

しかし、飼育を任された人は何の前触れもなくこのような内容の遺言を残されると、困ってしまいます。前もって承諾を得ておく必要があるでしょう。

2つめは、「死因贈与」を行う方法です。「死因贈与」とは「私が死んだら、私の財産をあげる」というもので、お互いの合意が必要です。遺言は遺言者の一方的な意思表示であるのに対し、こちらは相手方の承諾が必要な分、遺言よりも確実です。しかし、契約を結んだあと相手方と関係が悪化した場合、遺言なら簡単に取り消すことができるのに対し、「死因贈与」は相手方の意思も絡んでくるため、より複雑です。

いずれの方法にしても、ペットの世話を任された人が飼育を放棄してしまう可能性は否定できません。

しかし、その時にはご自身はもうこの世にはいないわけですから、確認のしようもなく、後は相続人が遺言の取り消しを家庭裁判所に求めたり、死因贈与契約を解除してくれることを期待するしかありません。

そこまでしてくれるかは、相続人しだいですが、現時点ではこれが最善策ですので、検討してみる価値はあるのではないでしょうか?