相続放棄・限定承認とは

亡くなった人の負債を背負わなくてもよい制度について説明します

借金を相続しないためには?

「被相続人の財産を相続するもしない相続人の自由です。」こう言うと、「財産いらないなんて人いるの?」と思うかもしれません。しかし、相続財産の中には不動産・預貯金・自動車などプラスの財産だけではなく、借金・連帯保証債務などのマイナスの財産も含まれます。そこで、「借金が多いから相続したくない」「ひょっとしたら、借金があるかもしれないな」といった場合、家庭裁判所に相続放棄や限定承認の申述をするという方法があります。

相続放棄

全面的に相続を拒否することです。最初から相続人にならなかったことになりますから仮に、あとでマイナスの財産を上回るプラスの財産が出てきても相続できないことになります。相続の放棄は、ほかの相続人とは関係なく、各個人で自由に行うことができます。
第1順位の相続人が相続を放棄した場合、第2順位、第3順位へと相続人が変わりますので、場合によっては相続人すべてが相続放棄することも考えておく必要があります。借金が廻ることになりますので…。

限定承認

マイナスの財産があるとき、相続によって得た財産の限度内で借金を払うという制度です。また、借金を支払った後プラスの財産が残れば相続できるので、相続人にとっては都合のよい制度です。ただし、限定承認は共同相続人全員でしなければなりません。

相続放棄も限定承認も、「自己のために相続の開始があったことを知ったときから3カ月以内」に家庭裁判所に対して、行わなければなりません。(この3カ月を熟慮期間という)

熟慮期間は、財産状態の調査ができないなどの事情があれば、家庭裁判所に申し立てて延長してもらうこともできます。
 
承認や放棄は、いったんこれをしてしまうと、たとえ3か月の期間内であっても、これを取り消すことはできません。ただ、詐欺や強迫などがあったような例外的な場合にのみ、その取り消しを家庭裁判所に申述することができます。

上記期間内に相続放棄や限定承認の申述をしなかったとき、申述の前や後に財産の全部または一部を使ったり隠したりしたときは、「単純承認」したことになり、財産と借金を全部引き継ぐことになります。